loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

夏休みに観たい映画に迷ってる人におすすめ!映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』がAmazonプライムビデオでみれる

こんばんは。オガサワラです。

Amazonプライムビデオで『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が視聴できるので会員の方はぜひ。

ちなみに僕は漫画から入ったのですが、漫画もおすすめです。漫画版感想記事↓↓

www.loglogloglog.com

という訳で映画版『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の感想を書きたいと思います。多少ネタバレを含みますので気にされる方はご注意ください。

ざっくり概要を述べる

f:id:studio_one:20180727234048p:plain
【出典:Amazonプライムビデオ】

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、いわゆるループものに分類されるSF作品で、宇宙からの侵略者と戦争していますよーというミリタリー系のSFでもあります。

無理ゲーを可能にするのは死に戻り

本作の核になる設定であるタイムリープ。そのトリガーは死です。

主人公トム・クルーズ演じるウィリアム・ケイジは死を迎えると、まるでゲームのキャラクターがゲームオーバーの後にセーブポイントからリトライするかのように、1日の始めにタイムリープします。

これが中々に面白いです。

主人公ケイジは少佐なのですが、なんやかしあり地位を剥奪され歩兵として最前線に送られてしまうことになるのですが、ケイジは報道官なのでろくに訓練も受けておらず戦闘経験も皆無で武器のセーフティロックすら外せない状態…。

f:id:studio_one:20180727233936p:plain
【出典:Amazonプライムビデオ】

さらには敵の奇襲を喰らい隊はてんやわんや、こんな状態で生き残れる筈もなくケイジはあっさり死んでしまうのですが、ここでタイムリープが発動するわけです。

何回か死にケイジは自分がタイムリープをしていることに気付き何回も同じ1日を繰り返すことで困難をクリアしていくという、まあざっくりとこんな感じの話です。

f:id:studio_one:20180727231041p:plain
【出典:Amazonプライムビデオ】

感想とまとめ

漫画やアニメの実写化で成功した例って数えるくらいしかないですよね。最近だとるろ剣心とか?

さらに日本原作をハリウッド映画化して成功した作品なんてもうほとんどないです。トランスフォーマーとかはヒットしていますが。

てな訳で『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、その稀有な成功例と言えると思います。

ミリタリーものということでハリウッド映画の映像技術と組み合わさることで実写映えもするし、最近の漫画やアニメ原作の日本の実写映画みたいに無理やり映像化しましたみたいな痛さがないのがいい。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』視聴して損をした気分にはならない一本だと思いますので夏休みに観る映画のラインナップに加えてみては如何でしょうか~。

映画だけじゃなく漫画もおすすめなので気になる方はぜひぜひ。

f:id:studio_one:20170703205208p:plain