読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

【随時更新版】『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』ストーリーのネタバレ考察

広告

f:id:studio_one:20170409043849p:plain

おはようございます。オガサワラです。

『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』が面白すぎてネタバレ考察記事を作成してしまいました。

作中で明らかになったことや考察をこの記事にまとめていこうと思います。

まだ未視聴の方はこちらへ。

アニメ『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』の感想と視聴方法など - loglog


ネタバレ満載なのでお気を付けください。

f:id:studio_one:20170409040633j:plain

『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』の考察

この物語の見所は、颯太のモノローグ「僕はあなたかも知れないし、違うかもしれないけれど、僕らは近い所にいるのは確かだ」という視聴者に語りかける言葉に集約されている気がしています。

これは颯太が物語の終着点ではメタ視点を獲得していることを意味しており、颯太のいる世界自体も物語であることを自覚している発言と受け取ることができます。

つまり、僕達のいるこの世界まで巻き込んで、シュミレーション仮説的な方向に展開していくのかどうかが、個人的には今度の見所だと考えています。

第3話 平凡にして非凡なる日常

f:id:studio_one:20170423031107p:plain

【第2話で明らかになったこと】

・物語世界の登場人物達の現界条件は多くの人間の中で印象に残っていること

・創造主による物語世界の改編は、単に設定を加えただけでは影響を及ぼさない。被造物に影響を及ぼすためには多くの人間の中で印象に残る、つまり大衆にその設定が認められる必要がある

第3話では、創造主が被造物に対して、即座に影響を及ぼすことができないということが明らかになりました。

これにより「これが僕の考えた最強のキャラ」的な後付け設定で大逆転なんてことにはなりません、と前置きをした感じでしょうか。

なんからの策を講じ、改編を瞬時に大衆に認めさせることができるのであれば、設定を大幅に改変し戦いを有利に進めるなんてことも今後は戦略としてあり得るのかも…。

【第3話での伏線】

・軍服の姫君がセツナという名を口にする
→セツナが軍服の姫君の創造主? なんにしてもセツナはどうやら水篠 颯太のことを知っているらしい

・軍服の姫君の口調が違う
→これまで一人称が「余」であったのに対し、セツナに対して語り掛ける軍服の姫君の一人称は「私」と、明らかに口調が違う


・軍服の姫君は設定を偽っている
→今回、物語世界の中から現界するための条件として、多くの人の印象に残るという仮説が打ち立てられました。

だとすると、現界の条件は軍服の姫君も同じ筈。(物語世界を自由に行き来ができたりすることからみても何か特別な力を持っているのかも知れませんが…)

となると、水篠 颯太が軍服の姫君を観たことがないというのは、おかしな話です。

つまり水篠 颯太は知らないのではなく、誰にも分からない様に軍服の姫君は、口調や服装のように偽れる設定を偽っている可能性があるのではないかと。


今回もたくさんのことが分かり、『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』の世界が少しずつ明らかになってきました。

そして主人公、水篠 颯太は恐らく軍服の姫君の創造主の1人である説が濃厚な気がしてきましたね。


これは…


f:id:studio_one:20170419003544j:plain
(颯太の創作物)

軍服の姫君、帽子脱いだら猫耳説あるで。


第2話 ダイナマイトとクールガイ

f:id:studio_one:20170416004219j:plain

【第2話で明らかになったこと】

・創作物から現界した登場人物は各々の世界で使用していた固有の力は使えるものと使えないものがある

・限界した各物語世界の登場人物たちの能力による設定の齟齬は現実世界でのルールに則り改編されるらしい

・軍服の姫君の目的は創造主たちへと影響力を行使し、物語世界を創りかえさせること。そのために他の物語世界と神代の地(現実世界)を衝突させた


2話で明らかになったことはだいたいこんな感じ。

詳しく説明していくと、登場人物は各々の世界で使用していた固有の力は使えるものと使えないものがある。

例えば、メテオラは自分のいた世界では物質と再生する魔法が使えたらしいけど、現実世界では使えない。

さらに、煌樹まみかの世界では血も流れないし、痛みもないらしいが、この世界での戦闘では煌樹まみかの固有の能力を使おうとダメージを負うものとなる。


【第2話での伏線】

・セレジア・ユピティリアが煌樹まみかと戦闘した際にセレジア・ユピティリアの創造主である松原 崇が「フォーゲルシュバリエはここいないのか。生身じゃこれが限界だ」と発言

→今後フォーゲルシュバリエが登場する伏線


・主人公も何らかの物語を創作しているらしい

→そこそこ重要な伏線な気がする。主人公がモノローグで語っている本当の主人公である彼女はセレジア・ユピティリアではなく、主人公が作った物語の登場人物である可能性もあるかと


【レクリエイターズの聖地は吉祥寺?】

第2話では吉祥寺っぽいところがたくさん登場しました。

〇SUNROAD

f:id:studio_one:20170416020550p:plain

f:id:studio_one:20170416020834p:plain




〇井の頭弁財天

f:id:studio_one:20170416015457p:plain

f:id:studio_one:20170416015517p:plain



〇コロッケのサトウ

f:id:studio_one:20170416020331p:plain

f:id:studio_one:20170416020215p:plain




(出典:Re:CREATORS・Googleストリートビュー)


※他は見つかり次第追記していきます。

f:id:studio_one:20170416004019j:plain

第1話 素晴らしき航海

f:id:studio_one:20170409040219p:plain

【第1話で明らかになったこと】

・世界になんらかの異変が起きている。そのなんらかの異変により、創作物のキャラクターが世界に現界

・軍服の姫君は世界に何が起ころうとしているのか、知っている。また狂乱は望むところであり「我らが世界に変革を神々の地に制裁を」と語っている。我らが世界は彼女が生まれた創作物の世界、神々の地は現実世界を意味していると思われる

・軍服の姫君は創作物の世界と現実の世界を自由に行き来することができる

・創作物の世界からやってきた人物は創造主が見つからないと力を発揮できない

・メテオラは今自分達が置かれている状態について冷静に分析した結果、現実世界に割と馴染んでいる

ざっくりまとめると1話で明らかになったことはこんな感じです。


【今後登場するキャラの伏線っぽいシーン】

公式の情報などと照らし合わせて作品名やキャラクター名も分かるものだけ書き出しました。

〈鹿屋瑠偉〉

ロボットアニメ “無限神機モノマギア”の主人公で、巨大ロボ・ギガスマキナのパイロット。

〈???〉

SURPRISE。


〈メテオラ・エスターライヒ〉

オープンワールド型RPG “追憶のアヴァルケン” で、主人公を導く司書を務めていた賢者。


〈アリステリア・フェブラリィ〉

ファンタジー伝記モノの漫画・アニメ“緋色のアリステリア” の主人公を務める姫君。

〈???〉

TVアニメ"スマッシュ!!"

〈ブリッツ・トーカー〉

サイバーパンクな世界観を持つ漫画・アニメ“code・Babylon” の登場人物で元刑事のバウンティ・ハンター。


〈???〉


メガロスフィア。

〈???〉

ランキング上位は出そう。

〈???〉


はじめての冒険と、その創造主のよーせーは、絶対に出ると思う。

〈煌樹まみか〉

女児向けの魔法少女アニメ“マジカルスレイヤー・まみか” の主人公。


〈築城院真鍳〉

伝奇系ラノベ・アニメ “夜窓鬼録”に登場するキャラクター。目的不明な人物。LINEスタンプっぽく登場。

〈セレジア・ユピティリア〉
ファンタジー系のロボットアニメ作品 “精霊機想曲フォーゲルシュバリエ” のヒロイン。本作でもヒロイン。

【軍服の姫君の正体と目的】

1話の冒頭で飛び込み自殺をした眼鏡の少女が軍服の姫君の創造主?

f:id:studio_one:20170409025504p:plain

軍服の姫君の目的は、

我らが世界に変革を

神々の地に制裁を

この2つでしょう。

そして、彼女たち創作物のキャラクターたちは、創造主の思考を深く反映しているのではないかと思われるので、

自殺の少女が社会に何らかの不満を抱いて命を絶ったのだとすると、軍服の姫君が神々の世界に制裁をと表現したことに納得できます。

ただ流石に安直過ぎる気もするし、ミスリードかも知れません。

だとしても、冒頭の眼鏡の少女は何らかの作品の創造主である可能性は物凄く高いと思います。


【主人公が活躍する日はくるのか…】

f:id:studio_one:20170409042859p:plain

第1話ではまるで空気、またはATMのような扱いの主人公でした。

この彼が今度どのように物語に絡むのか、活躍することなんてあり得るのか、とすら思えるのですが…。

どうやら彼のアニメやゲームに対しての知識が今度役に立ってくる、かも知れない…。

ということが『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』の放送直前特番で語られていました。

まあ、なるほどな主人公の活用法です。


【この先の予想】
第1話終了時点ではまだぜんぜん読めないというのが正直なところ。

物語を超えた物語という謳い文句の通りに今度どんどんメタな方向へと突き進むのか、そして、どの程度、POPに仕上げるのかが気になります。


登場人物の情報

創造主側

水篠 颯太(主人公)

f:id:studio_one:20170409171435p:plain

初登場:第1話

本作の主人公。

第1話冒頭のモノローグでは自身のことを狂言回しと語る。

【第1話 水篠 颯太の声で語られるモノローグ】

記憶しておこうと思う。僕の身に起きた出来事を。僕はあなたかも知れないし、違うかもしれないけれど、僕らは近い所にいるのは確かだ。彼女の言葉を借りるなら、『我が愛しき兄弟』、そういうこと。
そう、結局の所、彼女が主人公であったのだと思う。最後までその中心にいた者が、イコール主人公であるなら、という意味合いだけど。
僕はあくまでも狂言回しだ。だから、語ろうと思う。信じられないかも知れないけれど、隠す事なく、全部を。 今言える事があるとしたら、確かに奇跡はあったし、物語を超えた物語は、あったのだ

水篠 颯太が主人公であったのだと思う彼女はセレジア・ユピティリアのことであると考えられるが、『我が愛しき兄弟』という言葉を考えると軍服の姫君、または自殺した少女が何かしら絡んでいる可能性も…。

松原 崇

f:id:studio_one:20170416004535j:plain

初登場:第2話

精霊機想曲フォーゲルシュバリエの原作者。

f:id:studio_one:20170419003545j:plain

物語世界側(被造物)

軍服の姫君(本名不明)

f:id:studio_one:20170409171200p:plain
【出典:Re:CREATORS】

初登場 第1話
創造主 不明
登場作品 不明
能力 森羅万象(ホロプシコン) 詳細不明

一人称が「余」という珍しい女子。

その発言すべてが中二過ぎて言っていることがよく分からない。

【台詞集】

「余の持つ『森羅万象(ホロプシコン)』の力を教えてさしあげよう その身に刻んでいただければ、幸甚(こうじん)だ」


「『森羅万象』は万有の力。万物流転、真界転生の力。塵は緑に、緑は灰に。而(しこう)して再び、世界は此所(ここ)へと立ち戻る」


「胡乱(うろん)な創造主のひしめき合う、おぞましい別天地さ」

「君にもすぐに解る、私の言う事の意義が。我らが世界に変革を、神々の地に制裁を」



(引用:レクリエイターズ ネイキッド)

セレジア・ユピティリア

f:id:studio_one:20170409172719p:plain

初登場 第1話
創造主 松原崇
登場作品 精霊機想曲フォーゲルシュバリエ
能力 フォーゲルシュバリエ(ロボ)での戦闘や剣技

本作のヒロインで、精霊機想曲フォーゲルシュバリエのヒロイン。

戦闘スタイルはフォーゲルシュバリエを操作して戦うもののようだが第1話で軍服の姫君の能力(?)ホロプシコンによりフォーゲルシュバリエは消し去られる。

その後は剣技中心の戦闘スタイルに以降。

今度またフォーゲルシュバリエが出てくるかは不明。


【元ネタ考察】

聖戦士ダンバイン

重戦機エルガイム

などのファンタジー系ロボットアニメ


【戦闘シーン】

フォーゲルシュバリエ

飛べたりもするっぽい。

メテオラ・エスターライヒ

f:id:studio_one:20170409173417p:plain

初登場 第1話
創造主 不明
登場作品 オープンワールド型RPG “追憶のアヴァルケン”
能力 魔道書 詳細不明


創作の世界では主人公を導く司書を務めていた賢者、メテオラ・エスターライヒ。

現状について多少は把握している様子。

そして割と現代に馴染んでいる。

【追憶のアヴァルケンでのメテオラ】

f:id:studio_one:20170419001354p:plain

習得スキルとか、書物から知識を授かるで表示されている項目が気になる。

煌樹まみか

f:id:studio_one:20170416011823j:plain

初登場 第2話
創造主 不明
登場作品 女児向けの魔法少女アニメ “マジカルスレイヤー・まみか”
能力 マジカル・スプラッシュ・フレア

【元ネタ考察】

魔法少女まどか マギカ

プリキュアなどの女児向けの魔法少女アニメ。


【変身バンク】


【戦闘シーン】

マジカル・スプラッシュ・フレア


弥勒寺優夜(みろくじ・ゆうや)

f:id:studio_one:20170416011749j:plain

初登場 第2話
創造主 不明
登場作品 漫画 “閉鎖区underground-dark night-” のラスボスキャラ
能力 神木黒薙丸(しんぼく くろなぎまる)

【元ネタ考察】

ペルソナ、またはシャーマンキングのようなバトルスタイルの気がする。

アリステリア・フェブラリィ

f:id:studio_one:20170423030822p:plain

初登場 第3話
創造主 不明
登場作品 ファンタジー伝記モノの漫画・アニメ“緋色のアリステリア” の主人公
能力 不明

レクリエイターズの類似作品

類似点がある作品群。

フェイトシリーズ(アニメ)

魔術師たちが神話や歴史の英雄の霊を召喚して殺し合う「聖杯戦争」というシステムが、『レクリエイターズ』に置ける物語世界から現界を想起させる。

アニメ『Fate/Zero 』は『レクリエイターズ』と同監督、あおきえい作品。

ラスト・アクション・ヒーロー(映画)

『レクリエイターズ』と同様に作中作から登場人物が現実世界に飛び出てくるという設定。

元々『ラスト・アクション・ヒーロー』のようなことをアニメでやりたいというのがプロジェクトの発端だったとか。

……絶句(小説)

小説のキャラクター達が実体化してしまう物語。

メモ編集用

気になったことをここにメモしておいて、ある程度、まとまったら↑にまとめていきます。

f:id:studio_one:20170419003541j:plain

颯太の部屋のポスター

f:id:studio_one:20170419003542j:plain

なぜ11月なのか

f:id:studio_one:20170419003543j:plain

颯太の部屋の本棚

f:id:studio_one:20170419003546j:plain

ニュースサイト

f:id:studio_one:20170419003547j:plain

画像の著作者、ひではる、toshi、DICE-K、シンイチロー

中でも軍服の姫君のイラストの著作者toshiが気になる。




まとめ

今後情報が入り次第こちらに追記していきます。コメントなど気軽に頂けると嬉しいです。

また情報提供してやってもいいよという方も気軽にコメントください。

Twitterを通してでもOKです。

オガサワラ@ogalololog

最後まで読んで頂きありがとうございました。

※画像出典:Re:CREATORS