loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

真・女神転生に出てくるサイコダイバーという言葉に中二心をくすぐられ元ネタである魔獣狩りを読んでみた

広告

僕の好きなゲームの一つに真・女神転生というゲームがあります。

 

このゲーム中にサイコダイバーが登場するのですが、元ネタがあるらしいということで調べてみると、夢枕獏のサイコダイバー・シリーズがどうやら元になっているようなので読んでみました。

 

このシリーズ25作もあるので、とりあえず2作品だけ。

 

※「真・女神転生」「真・女神転生Ⅱ」は、スマホに移植されています。IOS版、Android版共にあります。便利な時代です。

魔獣狩り・淫楽編 サイコダイバー (祥伝社文庫)

魔獣狩り・淫楽編 サイコダイバー (祥伝社文庫)

 

 

魔獣狩り・暗黒編 サイコダイバー (祥伝社文庫)

魔獣狩り・暗黒編 サイコダイバー (祥伝社文庫)

 

 

簡単に物語を説明

大変だ空海が誘拐されたー!とお坊さん達が大慌て。

 

そう、実は、空海って未だに生きているんです。

 

もちろん医学的にみれば有り得ないことなのですけれど、日に二度、食事が空海の部屋には運ばれ、服も着替えさせるそうです。

 

でも、実際に空海の部屋に入ることが出来るのはごくごく限られた人間だけという…。

 

更に他言は一切されないので実際は空海が一体どうなっているのか知ってる人は殆どいません。

 

話は逸れましたが、その空海が誘拐された!盗まれた!とてんやわんやです。

 

で、あいつを呼べ的な感じで不良坊主の登場からのあの人に依頼しようで主人公登場からの空海を盗んだ組織の目的が空海へのサイコダイブだということが判明からの主人公、空海へのサイコダイブに興味津々からの…。

 

という感じでストーリーが進みます。

 

話の展開もスピーディーなので読んでいて飽きさせません。

甲賀忍法帖からの影響

 山田風太郎の「甲賀忍法帖」からの影響を物凄く感じる。バトル系、能力バトル系の作品であれば、全ての作品が「甲賀忍法帖」の影響下にあるといえるのかも知れませんが「魔獣狩り」は正に直系という感じです。

感想。

続き買おうと思います。面白い!!

アクションを小説でここまで魅せることが出来るのは純粋に凄い。

 

文字だけなのにパワフル過ぎる。とりあえず「轟!!」という文字の恐るべき勢い…。使ってみたい…轟…。