loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

漫画を読む時にお得な電子書籍関連サービスはどこ?電子書籍関連サービスの比較

広告

こんばんは。隙あらば漫画を読みたい漫画廃人のオガサワラです。

今回は、そんな漫画廃人である僕が電子書籍関連サービスを比較してみようと思います。

電子書籍関連サービスといっても最近はたくさんありますからどれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。

どの電子書籍関連サービスにどんな特徴があるのかということを知っておくと自分にぴったりな電子書籍関連サービスをみつけることもできると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

電子書籍関連サービス比較早見表

サービス名 品揃え リーダーの使い勝手 ポイントなどの還元率
Amazon Kindle
LINEマンガ
DMM電子書籍
ニコニコ静画(マンガ)
honto
楽天kobo
BookLive!
ebookjapan
※あくまでも個人的な評価です。


各電子書籍関連サービスの特徴

Kindle

電子書籍関連サービスの最大手、今やキングオブ電子書籍関連サービスといっても過言ではありません。

【品揃え】
電子書籍関連サービスだけあり漫画・それ以外の書籍に関しても品揃えは圧倒的です。

また電子書籍化されていない書籍に対しては電子書籍化のリクエスト送信ボタンもあったりと、過去の書籍の電子書籍化にも熱心に取り組んでいます。

サービスが終了してしまうというリスクが少ないのも魅力ですね。



【リーダーの使い勝手】
リーダーやストアの使い勝手ですが、個人的にはあまり良い印象は持っていません。

具体的には動作がもっさりしています。

ただ動作が遅い分、『kindle』には「X-ray」のような独自機能が多く、1冊の本をしっかり読み込みたいという人にとっては重宝します。

とはいえ漫画を読むだけなら、これらの独自機能は使うことがないので、リーダーの使い勝手が悪いのが難点ですね。



【ポイントシステムについて】
ポイントの還元率は可もなく不可もなし。

頻繁に購入金額の50%をポイントバックするキャンペーンをやっているので、普段からAmazonでよく買い物をする人ならお得です。




【その他のポイント】
AmazonPrime会員でKindle端末の所有者は、オーナー ライブラリーの電子書籍を毎月1冊、無料でダウンロードすることができます。

毎月1冊無料で電子書籍をゲットできると思えばかなりお得ですよね。

オーナー ライブラリーの品揃えは豊富とはいえませんが、漫画もあります。

Google Play ブックス

f:id:studio_one:20161229124323p:plain
出典:Google Play ブックス

検索業界の神であるGoogle神も電子書籍サービスを運営しています。

こちらも『kindle』同様、なくなることがないであろうというのが魅力。

【品揃え】

品揃えは有名どころならだいたい揃っているので、問題ありません。


【リーダーの使い勝手】
『Google Play ブックス』の魅力はリーダーの使い勝手ですね。

スマホアプリ版とブラウザ版ともに、もの凄く軽快。

利用の履歴はGoogleアカウントに同期されるので、オンライン環境であればデバイスを問わずに購入した漫画を楽しむことができます。

ちなみに購入した書籍を端末に保存しておくとオフラインでも読書可能です。




【ポイントシステムについて】
ポイントシステムはありませんが、オンラインクーポンが利用できたり頻繁にセールもしているので、お得です。

またAndroid携帯の場合は携帯料金でまとめて決済できるのも魅力です。



【その他のポイント】
頻繁にセールをしていて、500円で買えるワンコインコーナーなどもあります。

マメにチェックしていると狙っていた書籍を割安で購入できることもあるので、マメにチェックしてみると良いかも知れません。

LINEマンガ

f:id:studio_one:20161229131311p:plain
出典:LINEマンガ

今や現代人コミュニケーションツールとして必須ともいえるLINE。

このLINEも『LINEマンガ』という電子書籍関連サービスを展開しています。

【リーダーの使い勝手】
ひと昔前までPCでは読めずにスマホアプリからだけだったのですが、今はPCからもブラウザ版で漫画を読むことができます。

ちなみに動作は軽快です。

シンプルな設計で『kindle』のように多機能ではありませんが、漫画を読む分には申し分ないです。


【ポイントシステムについて】

LINEポイントで書籍を購入することができるので、ボーナスコインを活用すればオトクに漫画が買える点が魅力です。



【その他のポイント】

あまり活用している人はいませんが、シェアボーナスとして1日に10コイン貰うことができます。なので毎日何かしらの漫画をシェアしていると2ヵ月ほどで1冊購入することができるというのも熱いポイントです。

※シェアするとLINEコインが貰えるサービスは2016年3月14日をもって終了しています。ご指摘いただきありがとうございました。

漫画を購入することで限定LINEスタンプを貰うことができたりします。

DMM電子書籍

DMMも電子書籍関連サービスを展開しています。

真新しい機能やコンテンツなどはありませんが、DMMの十八番である大人のコンテンツは充実しています。

【品揃え】

↑でも書いた通りDMMの十八番である大人のコンテンツは充実しています。

同人誌なども電子書籍化して販売されています。


【リーダーの使い勝手】
リーダーはAndroid版とiOS版とも提供されていてブラウザ版もあります。

使い心地は可もなく不可もなく。

【ポイントシステムについて】

『DMM書籍』はDMMポイントで購入することができるので、DMMのサービスを普段から使用している人はお得です。


【その他のポイント】

DMM自体が手広くサービスを展開しているので最大のメリットは他のサービスの利用とDMMポイントを使い回すことでしょう。


ニコニコ静画(マンガ)

ニコニコ動画も電子書籍関連サービスを展開しています。

【品揃え】

ニコニコ動画を運営しているドワンゴの親会社である角川のコンテンツは充実しています。

もちろん、角川以外の書籍も取り扱っています。

他にも、ニコニコ動画ならではのオリジナルコンテンツもあるので、ニコ動好きなら楽しめるでしょう。

【リーダーの使い勝手】

リーダーはAndroid版とiOS版とも提供されていてブラウザ版もあります。

読んでいる最中にコメントが流れたり、ニコ動と同じような楽しみ方ができるのが魅力です。


【ポイントシステムについて】

ニコニコポイントで決済できるので、ニコ動を常日頃から使っている人であればお得です。

クリエイター奨励プログラムを利用している方も現金よりもニコニコポイントに変換した方がレートが高いので、読みたかった漫画がある場合はニコニコポイントで漫画を購入するようにしても良いかも知れません。


【その他のポイント】

ニコニコ静画(マンガ)の最大の魅力は無料で楽しめるコンテンツが豊富にあることです。

ニコ動と同じノリで一般クリエイターもニコニコ静画(マンガ)にコンテンツをアップしているので、お気に入りのクリエイターを見つけることができたら無料でかなり楽しむことができます。


honto

f:id:studio_one:20170330201904j:plain
出典:honto

『honto』は、株式会社トゥ・ディファクトが運営する電子書籍関連サービスです。

謳い文句は【ハイブリッド型総合書店】。

【品揃え】

流石、【ハイブリッド型総合書店】を謳うだけあり品揃えが充実しています。


【リーダーの使い勝手】

アプリは、Android版、iOS版、Win版、Mac版と揃っていますが、ブラウザ版はありません。

またアプリから書籍を購入することができないので、この点が不便です。

【ポイントの還元率】

『honto』は、hontoポイントというポイントシステムがあります。

また半額クーポンなども豊富で、これらを上手く活用すれば、かなり安く本を買うことができます。

【その他のポイント】

『honto』の最大の肝はポイントを上手に活用することができるかどうかでしょう。

半額クーポンを貰ったタイミングでまとめ買いをするなど、上手く活用することができたら『Amazon Kindle』よりも安く本を購入することができます。

BookLive!

f:id:studio_one:20170316014927p:plain
出典:BookLive!

『BookLive!(ブック・ライブ)』は株式会社BookLiveが運営する電子書籍関連サービスです。

【品揃え】

品揃えは充実しています。


【リーダーの使い勝手】

アプリは、Android版、iOS版、Win版、Mac版と揃っていますが、ブラウザ版はありません。

【ポイントシステム】

『BookLive!(ブック・ライブ)』は、Tポイントを使うことができるのが利点です。

余っているTポイントなどがある場合は欲しい本が覗いてみるのも良いかも知れません。

【その他のポイント】

『BookLive!(ブック・ライブ)』を上手に活用できるかどうかは普段Tポイントをどのように利用しているかによるところが大きいです。

普段からTポイントが貯まりやすい生活をされているのであれば相当お得だと思います。

楽天Kabo

f:id:studio_one:20161229125106p:plain
出典:楽天Kabo

『楽天Kabo』は株式会社楽天が運営する電子書籍関連サービスです。

【品揃え】

品揃えは充実しています。


【リーダーの使い勝手】

アプリは、Android版、iOS版、Win版、Mac版と揃っていますが、ブラウザ版はありません。

またKindleと同じように『楽天Kabo』専用端末が販売されています。

【ポイントシステム】

『楽天Kabo』は、スーパー楽天ポイントを利用することができるので普段から楽天をよく利用されている方からするとお得です。

【その他のポイント】

『楽天Kabo』を上手に活用できるかどうかは、楽天スーパーポイントをいかに上手に運用することができるかによるところが大きいです。

ebookjapan

f:id:studio_one:20170330201353j:plain
出典:ebookjapan

『ebookjapan』は株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍関連サービスです。

【品揃え】

世界最大級のコミックの品揃えを謳っているだけあり、漫画の品揃えは申し分ありません。


【リーダーの使い勝手】

アプリは、Android版、iOS版、Win版、Mac版と揃っています。

さらにブラウザ版もあるのが便利。

本棚のフォルダ分け機能などかゆいところに手に届く仕様になっていて素晴らしいです。


【ポイントシステム】

『ebookjapan』にはeBookポイントというシステムがあり。

電子書籍の購入金額の1%分、「全巻まとめ買い」は5倍の5%分をポイントとして還元して貰うことができます。

またセールや割引クーポンなどもあるのですが、他の電子書籍関連サービスと比較すると少し割高という印象です。

【その他のポイント】

『ebookjapan』は電子書籍で漫画を読みたいという方にはかなりおすすめのサービスです。


定額読み放題

漫画にも定額読み放題があります。

毎月大量に漫画を読む方なら確実にお得でしょう。

ほとんどのサービス無料体験があるので試しに無料期間だけ使ってみて判断するのがベストです。

月額(税込) 品揃え(漫画以外も含む) 無料体験
Kindle Unlimited 980円 12万作品以上 30日間
Yahoo!ブックストア読み放題 432円 25,000作品以上 初月無料
ブックパス 607円 40,000作品 30日間
ブック放題 540円 コミック10,000作品以上 初月無料
コミックシーモア 780円(ライト)/1480円(フル) 9,000作品(ライト)/25,000作品以上(フル) 7日間
ビューン・コミック 480円 5000作品以上 なし

※漫画の読み放題を実施しているサービスのみ比較したのでdマガジンなどの雑誌だけを取り扱っているサービスは除外しました。

どのサービスも読みたい作品の新作が読めるとは限らないので、読みたい作品がなくなり次第一度解約しておくという使い方がおすすめ。

雑誌なども読み放題の対象の場合は購読している雑誌の月額と読み放題サービスの月額を比較してお得な場合は引き続き継続するのは有りです。


その他の電子書籍関連サービス

マンガ図書館Z

f:id:studio_one:20161229124950p:plain
出典:マンガ図書館Z

絶版になった漫画を電子書籍化して無料で読めるように提供しているサービスです。

リーダーはスマホアプリもあるのですが、利用したことがあるのは、ブラウザ版のみ(スマホからも利用可)で、読んでる途中に差し込まれる広告がものすごくうざいのです。

ですが広告収益が作家に還元されているということなので、フェアな運営方法ではあるのかなと。

実は『マンガ図書館Z』って「Kindle Unlimited」に含まれているタイトルと割と被っています。

あの漫画読みたいけれど、「Kindle Unlimited」に加入するのはな~と考えている人は「マンガ図書館Z」で検索してみるのもありですね。

まとめ

ひと昔前までは漫画は紙で読みたいと思っていたのですが、本棚を圧迫しないので、今ではすっかり電子書籍派となりました。漫画はとにかく本棚に溜まっていきますから、それが悩みの種でした。

あと、電子書籍は今回取り上げたように無料で何巻まで読めたりする無料漫画があるのが最高ですね。

電子書籍を利用するようになって年間1000冊以上は漫画を読むようになりました。紙媒体で年間に1000冊も買っていたら破産してしまう…。

本当に便利な時代になったもんです。

というわけで最後まで読んで頂きありがとうございました。