loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

『マッドマックスシリーズ』がAmazonプライムビデオで視聴できるので視聴した

広告

f:id:studio_one:20170906202252p:plain
【出典:マッドマックス】

こんばんは。オガサワラです。

マッドマックスシリーズ第4作目になる『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を視聴してからそのうちにシリーズ通して視聴したいと考えていたところ1作目から3作目がAmazonプライムビデオ対象作品になっていたので視聴してみました。

マッドマックスシリーズ

タイトルは1作目から順に以下のようになります。

  • 『マッドマックス』
  • 『マッドマックス2』
  • 『マッドマックス サンダードーム』
  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

という感じに『マッドマックス2』以降は「3、4」という風なナンバリングではなくサブタイトルで分けられる形式。

ではでは、内容はというと、1作目は暴走族に息子を殺され妻は瀕死の重体、そんな警官の復讐譚(この暴走族のリーダー『怒りのデス・ロード』のイモータン・ジョーと同じ俳優さんです)なのですが、2作目からなぜか世界が崩壊します。

さらに、3作目の『サンダードーム』では、文明の失われた世界で文明を再生させようとしている町や文明が失われた部族?まで登場したり『怒りのデス・ロード』で観た世界にかなり近付いています。

シリーズ一気見の見処

シリーズ一気見するからこそ分かる良さがある。

ということで、一気見してみて面白いと思ったポイントを紹介します。

主人公マックスの変化

1作目は暴走族に家族を殺された(妻は重体でしたが恐らく2までの間に死んだものと思われます)警官の復讐譚と説明しましたが、実は主人公のマックスが復讐鬼になるのは映画の後半なんです。

では、前半は何が描かれているのかというと、有能な警官でありドライバーであるマックスがさまざまな不安に駆られながらも家族との細やかな幸せを望む姿がたっぷりと描かれています。

それだけに、大切なものを奪われたマックスがいかに狂気に捕らわれ、タイトル通りの"マッドなマックス"への豹変にも説得力があります。

f:id:studio_one:20170906202252p:plainf:id:studio_one:20170906202237p:plainf:id:studio_one:20170906202241p:plain
【出典:マッドマックス】

右から幸せだった頃のマックス→放心状態のマックス→復習に燃えるマックス

2作目では偏屈に

f:id:studio_one:20170906202700p:plain
【出典:マッドマックス2】

さて、1作目の最後で復讐鬼へと豹変したマックスですが、復讐も果たし目的を失い世界も崩壊してしまい2作目でマックスはすっかり偏屈へとなってしまいます。

残されたのは愛車のインターセプターとペットの犬です。

そして、なんやかんやで文明が滅んだ世界にマックスは生を見出したのです。

ここまで失いまくれば仕方のないこととしか言いようがありません。

f:id:studio_one:20170906203331p:plain
【出典:マッドマックス2】

貪欲にガソリンを求めるマックス

こんなふざけた時代にようこそなところで家族を失った悲しみを紛らわせやっと生を見出すことができるようになった(とても健全とはいえない)マックスですが『マッドマックス2』でも御多分に漏れず散々な目にあいます…。

気になる方はぜひ本編を視聴してみてください。

3作目で設定のライフは0

f:id:studio_one:20170906204926p:plain
【出典:マッドマックス サンダードーム】

3作目の『マッドマックス サンダードーム』ではさらに世界は大変なことに…。

しかしながらそんな滅茶苦茶な世界(設定)でも目が離せないのだから、この作品は不思議な魅力を持っています。

では、一体どのあたりが滅茶苦茶なのか少し具体例を挙げると、

文明が滅んでからまだ1世代も経っていないのに、ここまで文明が失われるのかというほど原始に回帰した部族が出てくる。

前作でキーマンだった役どころを演じていた俳優が別役で出演している。

前作で大破したマックスの愛車インターセプターがしれっと復活している。

等々。

まあ、この他にも突っ込みどころなんてあげたらきりがありませんが…、なんでいうか熱いです。

でも、何よりも…

f:id:studio_one:20170906204657p:plain
【出典:マッドマックス サンダードーム】

こんなシーン『北斗の拳』でみたことあるーー!! とテンションあがりました。

まとめ

というわけで1作目から3作目まで一気見したので、その感想を綴りました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の感想は↓↓を参照してください。

www.loglogloglog.com

てなわけで『マッドマックスシリーズ』最高にマッドでやばい作品なのでAmazonプライム会員の方はぜひ視聴してみてくださいな。

最後まで読んで頂きありがとうございました。