読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

聖なる夜《クリスマス》までに心を浄化!観ると優しくなれる《アニメ映画》10選!

広告

f:id:studio_one:20161209192132p:plain

こんばんは。オガサワラです。

クリスマスまで残りあと少しとなりました。

クリスマスといえば映画。

さらにお正月といえば映画。

総じて《冬は映画》ではないでしょうか。

この冬は優しくなりましょう、というわけで心が浄化され、観ると優しくなれるアニメ映画10選です。

東京ゴッドファーザーズ

新宿でホームレス生活を送る自称・元競輪選手のギンちゃん、元ドラァグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ。クリスマスの夜に赤ちゃんを拾いひと騒動あるというお話です。

クリスマスにおすすめしたいアニメ映画なら、先ず「東京ゴッドファーザー」が思い浮かびます。文句なしに名作です。

文句なしに浄化される…。

君の名は。

2016年の大ヒット映画。

まだ劇場公開しておりメディア化はしていませんが、クリスマスまでに、もしくはクリスマスに映画デートなんていうのもオツなものではないでしょうか。

2016年で一番の浄化される…。

秒速5センチメートル

「君の名は。」で一躍、世界的なアニメ監督となった新海誠さんの作品です。

「君の名は。」でも息づいているテーマ"距離"の物語ですね。

秒速5センチメートルで浄化される…。

千年女優

東京ゴッドファーザーズの今敏さんの作品。

キャッチコピーの「その愛は狂気にも似ている」の意味は物語を最後までみると自ずとわかります。

主演女優:藤原千代子の狂気にも似た想いに、千年の恋も浄化される…。

耳をすませば

ジブリの恋愛映画といえば、これ。

若いということはそれだけで素晴らしい!

ド定番ですが…、最高に浄化される…。

カリオストロの城

宮崎駿の映画初監督作品であり、いつかは言ってみたい「今は、これが精一杯」という名言を生み出した作品。

今もこれからも精一杯、浄化される…。

イヴの時間

《アンドロイドは電気羊の夢をみるか》、AIと意識、心とは、という風に考えさせられる話であると同時にハートウォーミング。

タイトルの「イヴの時間」は意識を持ったアンドロイド達が集まるお店の名前。

イヴの時間でのんびり浄化されたい…。

小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~

中二病としては外せない作品。

ピュアな恋愛過ぎて恥ずかしくなるけれど、応援したくなる。

中二病ともども浄化される…。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

みていて恥ずかしくなると言えば、レントンとエウレカ。テレビアニメ版のラストは思い出しただけで恥ずかしい。好きな女の子のためなら世界なんてどうでもいい! まさに世界系の鏡。

その「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」はテレビ版とは設定から違います。レントンとエウレカが幼馴染であったり。

どちらにせよ最終的にはやっぱり恥ずかしくて浄化される…。

もののけ姫

壮大なテーマと共にサンとアシタカの恋物語に発展する。

サン(自然)VSエボシ御前(近代文明)が引き起こす惨劇。

そこへアシタカ(自然と共生したい派)がサン(自然)とくっ付いて、とりあえずは事態をまるく治める話。

シシ神様に浄化される…。

まとめ

清い…。

今回はまるで心が浄化されていくようなアニメ映画を10作品チョイスしてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。