loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

ディスるより面白いが発見できるような視点の提供ができたらと思いブログを書いています

広告

f:id:studio_one:20170427231253j:plain

こんばんは。オガサワラです。

唐突ですが。

面白いとか面白くないなんて、とてもふわふわした相対的な価値感だと思うんです。

例えば、3年前には面白いともなんとも思わなかったものが、何らかの経験を積むことでとても面白く感じたりすることありますよね。

これは一重に、経験を積むことにより新しい視点を得ているからであると僕は考えます。

そして、この新しい視点は能動的に得ることが可能です。

何かを好きになるには、その何かを好きな人に話を聞くのが一番だとよく言われますよね。

これってまったくもってその通りで、例えば、僕がクソほども面白いと思わない何かのことを、その何かを愛してやまない人に語って貰うと、ああ面白いかもな…、と思えることもあるでしょう。

そして、その熱い話を聞いたことを機に、これまでとは違う角度からその文化なりを俯瞰することができるようになります。

これこそ僕の求める、僕がブログで提供したいUXです。

この思いを柱として、ブログを書いてきました。なので基本的にディスることを僕はしません。(たまにディスに受け取れる文章もあるかも知れませんが、そんなつもりは一切ないんです)


でも、人間って難しいもので…、会話にしてもそうですけれど、盛り上がる話って基本的にディスなんですよね。

陰口、悪口、とか。

ブログに置き換えても、いわゆる炎上しやすいようなコンテンツの方が盛り上がったりします。

誰かに何かを言いたい時って、自尊心を傷つけられた時に働く防衛本能の方がポジティブな感情よりも優位にたつんでしょうね。だから攻撃的な文章の方が反響があったりする…。

まあ人間って得よりも損に敏感な生き物ですから、損をしたくないから声を挙げる。

悲しいかな、ポジティブな感情をフィードバックし、利益を最大化するより、自分にとって不利な意見を潰すことに注力してしまうと…。

個人的にそういうのは好きじゃないので、僕は、こういうスタンスでこれまで記事を書いてきたし、これからも書いていくぞ、という自分のやりたいことややるべきことを確認するためだけのエントリーでした。

あと、『おもろい!』が発見できる個人ブログをというのを謳い文句にブログを運営しているわけですが…、『おもろい!』が発見できるって具体的にどういうことなのかこれまで説明したことがなかったので。

最後まで読んで頂きありがとうございました。