読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

山田孝之の東京都北区赤羽がモキュメンタリー作品として最高の出来だと思った

広告

どうもオガサワラです。
今回はAmazonPrime会員なら無料でストリーミング再生出来る作品を紹介します。



山田孝之東京都北区赤羽」、この作品は非常に好みが別れると思いますが、好きな人はきっとどっぷり世界にハマることが出来ます。かく言う僕も、この手の作品が好きなタイプの人種です。

この手の作品というのは、「モキュメンタリー」や「フェイクドキュメンタリー」と呼ばれる様なもので、簡単に説明するとフィクションをノンフィクションっぽくやるという映像表現です。

海外では「ブレアウィッチ・プロジェクト」が作品として有名ですが、日本では白石晃士監督の「ノロイ」だったり「オカルト」あとは、「ほんとうにあった怖い話」とか…。まあとにかく、この辺りの作品は非常に楽しく拝見させて貰いました。まあホラー作品を楽しくというのもなんだかおかしな感じがあるけれど、モキュメンタリー作品には、突っ込みどころがあるというかとにかく笑いどころがあると僕は感じていて、それがみててとても楽しいのですが、ホラーを排して、笑える点を徹底的に救い上げた作品、それがこの「山田孝之東京都北区赤羽」なのではないかと思ったりする訳です。

とにもかくにもノンフィクションの漫画を原作として映像化するにあたり、こんなやり方があるのかと僕は感動しました。

気になった方は是非ご覧下さい。共に不思議なモキュメンタリーの世界に浸りましょう。

ちなみに、こちらが原作(と呼んでいいのか分かりませんが)です。Kindleでも読めます。