読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

映画版「2001年宇宙の旅」が意味不明だった人に全力でおすすめしたい小説版「2001年宇宙の旅」

広告

どうも。オガサワラです。

古典SFの金字塔「2001年宇宙の旅」、映画はみたことがあったのですが、小説版は今回はじめて読みました。

映画版「2001年宇宙の旅」の方は難解で個人的に「意味わからん!」というのが初見の率直な感想。

ですが小説版を読むと映画版の方の理解も深まり、その結果、今では両方楽しめるようになりました。

なので映画版が意味不明だったという人にこそ、

全力で小説版「2001年宇宙の旅」をおすすめしたいです。


決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

映画版「2001年宇宙の旅」しかみたことない人に小説をおすすめしたい理由

映画版「2001年宇宙の旅」の方は、どうやら意図的に1度みただけでは理解出来ない作りになっているようです。

というのも後に監督であるスタンリー・キューブリックがそのように語っているのですね。

ただ難解であるのは確かなのですが小説版「2001年宇宙の旅」を読み終わったあとに映画版をみると映像表現の情報量に、ただただ驚かされます。

映像による情報量が多い分、様々な解釈が可能であり、映画版だけをみるとどうしてもモヤモヤしたままになりがちかと思います。

一方アーサー・C・クラークの小説版はとても分かりやすいです。

映画が難解なだけに、その対比としてというのもあるのですが、小説版は文字で表現(当然のことながら)されています。

個人的な意見なのですが文字表現の方が映像より解釈の幅が狭いと思うのです。

これにより、小説版「2001年宇宙の旅」の方が、はっきりと作者の意図を汲み取りやすい。

このことから映画をみて難解だと思った人にこそアーサー・C・クラークの小説版「2001年宇宙の旅」をおすすめしたい。

僕の場合、映画で難解に感じた部分を小説版で補完する、という風な楽しみ方ができました。


小説版「2001年宇宙の旅」を読むと映画版たみたくなる。

そして映画版「2001年宇宙の旅」をみると小説版がよみたくなる。


「2001年宇宙の旅」は、映画版と小説版、まるで2つで1つの様な作品なのです。

「2001年宇宙の旅」は小説版と映画版のどちらが原作でもない

「2001年宇宙の旅」が小説版と映画版、まるで2つで1つのように感じるのはある理由があります。

というのも「2001年宇宙の旅」は小説版と映画版の制作はほぼ同時進行(発表は映画公開後に小説という順)という変わった制作のスタイルがとられているんです。

なるほど、映画版の奇抜さは、こういう要因もあるのかと妙に納得させられる制作秘話です。

それにしたって映画版「2001年宇宙の旅」の方は現代人からみても奇抜な作りで、当時スタンリー・キューブリックはアーサー・C・クラークの作品をレイプしたという酷評も浴びたそうです。

ただアーサー・C・クラークからしてみたらレイプはお互いにだったとのこと。

スタンリー・キューブリックを庇うアーサー・C・クラーク、「2001年宇宙の旅」は2人の天才がお互いにリスペクトし合いながら発想をぶつけたことで完成した奇跡的な作品であると感じさせられる逸話ですね。

小説版と映画版の違い

「2001年宇宙の旅」は小説版と映画版で違う箇所がいくつかあります。

目的地が違う

映画版「2001年宇宙の旅」と小説版の大きな違いは目的地が小説版では土星であるのに対して映画版では目的地が木星であるということがあげられます。

これにも理由があり当時の特撮技術ではスタンリー・キューブリックが満足できるレベルの土星の輪が表現出来なかったためなのだそうです。

ヒトザルとモノリスの遭遇

小説版は400万年前という設定であるのに対して映画版では300万年前という設定です。

ディスカバリー号のデザイン

小説版のディスカバリー号には放熱板という放射翼がついているのですが、画のディスカバリー号には放射翼がついていません。

結末の分かりやすさ

一番の違いは結末の分かりやすさではないかと思います。

こと結末の分かりやすさは小説版の方が圧倒的に分かりやすいです。

小説版「2001年宇宙の旅(決定版)」のあとがきに書かれている文章にとても共感したので引用させて頂きます。

映画を見たあとで、わたしはアーサー・クラークの本を読んだ。これは読み出したらやめられない、知的にも満足のいく本で、緊張感と透明感は映画の比ではなかった。映画では雲をつかむような不可解な部分、とりわけ発端と結末が、本でははっきりと納得がいくように説明されていた。

2001年宇宙の[決定版]訳者あとがき-映画と小説のあいだでより

映画版が難解なのには理由がある

f:id:studio_one:20151017042225p:plain
映画版では物語に対する説明がほぼありません。


それどころかびっくりするくらい台詞そのものが少ない。

終始映像表現が主体です。


実はこれにも理由があるんです。


本当はストーリー解説のナレーションが入る筈だったのをキューブリックが拒んだ為だそうです。

さすが天才の考えることは…。

確かに、あとあとの映画解説などを踏まえて映画をみかえすと1つ1つのシーンが緻密に重なり合っていて意味のないシーンが一切ないといっても過言ではないくらい映像で全てを表現することに成功しています。

素晴らしい才能ですが、凡人の僕からしてみたらやはり難解。

まあモヤモヤしながらみる、それも楽しいんですけどね。

映画版が難解なのはキューブリックが挑戦したいことが当時はこういうことだった。

天才、故に…「うん。だったらしょうがないね!」と言わざるを得ない。

「2001年宇宙の旅」は小説版と映画版の両方を!!

映画版「2001年宇宙の旅」も小説版「2001年宇宙の旅」、どちらも間違いなく不屈の名作です。

どちらか片方ではなくぜひとも両方体験して貰いたいです。

映画は、こんな感じ。

かっこいい!!

最高にワクワクしませんか?