読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

ファイル共有ソフト全盛期を体験した人だと懐かしいかも知れない「Nokia 6630」

広告

こんばんは。オガサワラです。

特別お題「おもいでのケータイ」に投稿してみます。

僕の思い出の携帯は「Nokia 6630」です。


f:id:studio_one:20170320223504j:plain
【出典:Wikipedia】

この携帯は2004年に日本で発売された携帯。

当時、日本ではまだスマートフォンという言葉があまり普及していなかった頃のスマートフォンです。

いわゆるガラケーが主流だった当時の日本の携帯では今ほど自由にPCサイトの閲覧はできませんでしたし、さまざまな制約がありました。

そんな時代でこの「Nokia 6630」はフルブラウザでPCサイトが閲覧可能であるということ、

さらにNokia Series 60という、ノキアが開発したSymbian OS用のアプリケーションプラットフォームを採用しており拡張性が高いのが魅力でした。

この携帯を購入した2004年といえば、今ではすっかり廃れてしまった(というか違法なので廃れたもクソもありませんが)ファイル共有ソフトなどがまだ健在の時代、恥ずかしながら当時は利用しておりました。

最近の若い子だとWinny(ウィニー)という単語自体、聞いたことがないかも知れませんね。

僕がこの「Nokia 6630」を利用し出した動機自体がこのファイル共有ソフトに関連しています。

僕は拾ってきたROMを走らせるために「Nokia 6630」を購入したのです。

褒められたものでもないですし、もちろん、今では一切行っておりません。

ただ当時は今ほどネットの違法行為に対する倫理観が成熟しておらず、手持ちのデバイスでFC、SFC、GB、GBAなどのROMを走らせることが単純に嬉しかったのですね。(これらの行為を擁護するものでは一切ありません)

当時のことを振り返りアホだったな…と思います。

でもまあ思い出の携帯とお題を振られたら真っ先に思い浮かんだ「Nokia 6630」。

まるで中二だった頃の黒歴史を掘り起こすような気持ちになる思い出の携帯です。


sponsored by KDDI