loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

ドリームキャストの名作ゲームを紹介して懐かしむ

広告

こんにちは。オガサワラです。

今ではすっかりソフト事業のイメージが強いセガ(現:セガ・サミー)ですが、かつてセガがハード事業をやっていたことをご存じでしょうか?

時代を先取り過ぎたドリームキャスト(DC)で夢幻と散ったセガの野望。

その軌跡はこちらの動画をご覧いただけるとよくわかります。

※AMPでご覧の方は動画が表示されないようなのでこちらへ。

『ゲーム機戦争』から『ゲーム機大戦』という壮大なシリーズものがはじまるのですが、日本のハード事業覇権争いの歴史が面白可笑しく描かれているおすすめの動画シリーズです。

今回はそんなセガの最後にして早すぎた名機ドリームキャスト(DC)の名作ゲームを紹介します。


ドリームキャストの名作ゲーム

f:id:studio_one:20170329132356j:plain
【出典:Wikipedia】

ドリームキャスト(DC)とは、1998年11月27日に日本国内で第6世代ゲーム機の先陣としてセガが社運を賭けた発売したゲームハードです。

ソニックアドベンチャー(1998年:セガ)

まず、グラフィックスに当時は度肝を抜かれました。

このころはまだPS2もない時代で、初代PS、ニンテンドー64がまだ現役の時代。

まあ比較にならないくらい綺麗です。

肝心のゲーム性は、音速ハリネズミの異名を持つソニックの良さを十二分に引きだしたスピード感・爽快感のある3Dアクションです。

SEVENTH CROSS(1998年:日本電気)

クソゲー感が漂いますが…、まあ僕の趣味全開のゲームです。

単細胞生物から徐々に進化して強くなっていくというゲームなのですが、カスタマイズ(?)の自由度が高いので自分のオリジナル生物がつくれるのが楽しいです。

強いどうこうじゃなくいかに斬新な生物にするか必死になっていたのは良い思い出。

シェンムー(1999年:セガ)

早すぎた名作ゲーム。

プレイ当時は、オープンワールドなんて言葉を知らなかったのですが、この『シェンムー』はオープンワールドの先駆け的なゲームで、その自由度の高さに度肝を抜かれました。

ゲームの中で僕は、ろくに物語を進めずに一生懸命バイトしてゲーセンに通っていた記憶があります。まさに人生ですね。

本来であれば三部作の予定だったのですが、残念ながら未完に終わってしまった本作。(今のところ二部までしか制作されていません)

ですが、カルト的な人気があり、Kickstarterにて『シェンムー3』の制作資金を募集したところ見る間に目標金額を達成し『シェンムー3』が制作されることが決まっています。

ソウルキャリバー(1999年:ナムコ)

『ソウルエッジ』の続編3D格闘ゲームです。

ここからシリーズ化して今では『ソウルキャリバーⅤ』まで発売されていたりスピンオフ作品もあったり、と人気のあるタイトル。

シンプルな3D格闘ゲームなのですが、各々に武器を持って戦うというのが見た目に派手でプレイしていて楽しいゲームでした。

ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産(1999年:カプコン)

アーケードでヒットした2D格闘ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』のドリームキャスト移植版です。

このゲームの熱いところは、DIOにはザ・ワールドの能力で「時よ止まれ!」という超必殺技的なものがあるのですが、この「時よ止まれ!」を承太郎だけは返すことができるんです。

このような組み合わせにより特殊な演出が発生する場合が多くあり、キャラゲーとしても最高ですし、2D格闘ゲームとして純粋におもしろいです。

FRAME GRIDE(1999年:フロム・ソフトウェア)

フロム・ソフトウェアといえば当時からアーマードコアシリーズが人気だったのですが、そのファンタジー版。

剣と盾を持って魔法を使っちゃうようなロボットが戦います。

知名度はほとんどありませんが、個人的には大好きなゲームだったので、今の技術でぜひリメイクしてほしいと願っている作品です。

ファンタシースターオンライン(2000年:セガ)

今もオンラインゲームとして人気の『ファンタシースターオンライン』ですが、実はもとはドリームキャストがプラットフォームだったんです。

今ではゲーム機もネットワーク接続できるのがあたりまえですが、今から20年近く前にやってるんですからドリームキャストはかなり先をいってました。

エターナルアルカディア(2000年:セガ)

僕は、RPGで飛空艇(空を移動できる何か)を手に入れた時の高揚感が堪らなく好きなのですが。

この『エターナルアルカディア』は、そんな僕の空への憧れをパンパンに満たしてくれるゲームです。

ゲーム自体は王道RPGなのですが、飛空艇を操作して空島が浮かぶ空域を探索するパートがあるんですね。

とにかく、飛空艇好きの僕としては、青い空を自由に飛び回れることにテンションが挙がりました。

ジェットセットラジオ(2000年:セガ)

ストリート文化のグラフティをテーマにしたゲームで、カラーギャングの縄張り抗争のため、至る所にラクガキをしてまわるという。なんかPTAとか大激怒しそうな教育に悪そうなゲームです。

やっぱ、これ『スプラトゥーン』のゲーム性とかって『ジェットセットラジオ』の影響を受けてますよね。

RENT A HERO NO.1(2000年:セガ)

メガドライブの『レンタルヒーロー』の続編となる本作。

主人公がヒーローなのですが、変身するためにはレンタル料を払わなくてはならないなどの設定が特徴です。

こういうシュールなところが実にセガっぽい。

MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES(2000年:カプコン)

超名作2D格闘ゲーム。

ドリームキャストはネット対戦ができたので、それが斬新でした。

顔も知らない人と格ゲーで対戦するという経験自体がはじめてだったので、テンションあがりましたね。

ミスタードリラー(2000年:ナムコ)

ゲームセンターで人気のあったタイトルのドリームキャスト移植版です。

動画をみたら一瞬でああこういう系ね!となると思うのですが、ただただ下に掘り進んでいくというゲーム。

地味にハマります。

魔剣X(2001年:アトラス)

アトラス得意のダークファンタジー。

なのですが、ゲームシステムはRPGではなく、一人称視点のアクションゲームです。

物語は物凄く面白いのですが、3D酔いし易いゲームなのでそのあたりは注意が必要です。

まとめ

と、いうわけで今回はドリームキャストの名作ゲームを紹介して懐かしんでみました。懐かしー。

他にもこういうのあるぞ、という方がいましたらお気軽にコメントください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。