読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

【続報『DAZN for docomo』の料金が判明】ドコモのスマホでDAZN(ダゾーン)のスポーツ動画が格安で観れるようになるようです

雑記 雑記-時事

広告

※さらに続報。

『DAZN for docomo』の料金が判明

ドコモの利用者だと、

「DAZN for docomo」月980円

「DAZN for docomo」と「dTV」だと1280円

らしいです。



Android版とiOS版両方ありドコモ以外の人でも利用できますが、料金が

「DAZN for docomo」月1750円

「DAZN for docomo」と「dTV」セットだと、月2050円

になるそうです。

提携の事実はないということですが…、やっぱドコモユーザーだとDAZN(ダゾーン)のスポーツ動画が格安で観れるようになるようですね。

こちらの記事もご一緒にどうぞ。

loglog.hatenadiary.jp



※その後どうなったか調べてみたところ提携の事実はないそうです。

詳細はこちらの記事で。

www.phileweb.com


追記以前の記事

おはようございます。オガサワラです。

ドコモとイギリスの動画配信大手パフォームグループと提携したんですって。

こちらの記事。

※リンクを貼ったニュース記事は現在削除されています。


動画の配信ビジネスがますます過熱していきそうな気配。

ドコモと提携するパフォームグループと言えば去年このようなことを語っておりました。

北米では(一般家庭が)テレビの契約をやめてネット配信に切り替える動きが広がっている。同じ動きは欧州でも進んでおり、日本でも今後それが加速していくと考えている


引用:Jリーグと2100億円契約に勝算あり パフォームに聞く

なるほど。確かに日本でもテレビ離れがどんどん加速している気がします。

これはネット上の動画コンテンツが充実してきている影響なのでしょうけれど、従来のテレビ放送という受動的なものからユーザーが自ら観たいものを選べるオンデマンド形式に対応できるネットでは多様化したユーザーのニーズを満たす力は桁違いです。

ただし、オンデマンドが動画コンテンツを配信する形式で最適かと言われたら違うと個人的には考えています。

アベマTVのことを書いた記事でも触れたのですが…、そもそも観たいものが決まっていない、観たいものを探すという段階のユーザーを引き込むには、これまでのようなテレビ放送の形式が良いと感じます。

こちらがその記事。

loglog.hatenadiary.jp

少し話は逸れましたが…、とにもかくにも、2016年は《動画元年》と言われましたが2017年は《動画戦国時代》に突入するのではないでしょうか。ドコモがスポーツ中継参入することが、動画配信プラットフォームのユーザー獲得戦の激化を象徴しているような気がしますね。

ちなみにパフォーム・グループが運営しているDAZN(ダゾーン)がスマホで観れるようになるとしてもキャリアを限定するものではないみたいです。

つまりドコモユーザーには格安で提供するというだけで別のキャリアのユーザーでも利用は可能とのこと。

とはいえ、かなりお得になるのでしょうからドコモユーザーでスポーツが好きだという人からしたら朗報ですよね。

DAZN

DAZN

※リンクはDAZNのAndroid版アプリです。

まとめ

なんだかこれから先の動画配信プラットフォーム事業って新聞みたいな感じになりそうですね。

僕の家はAmazonプライムビデオだけど、隣の家はHulu、で、その隣はNetflix。さらに○○さんは3社契約してるよー。みたいな具合に。

この例えでいくのなら今回のスポーツ専門の動画配信サービスなんかはさながらスポーツ新聞みたいなものでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。