読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

読書-小説

早川書房のSFが50%OFFなので欲しい本は今のうちに買うのがお得

【出典:Amazon】 こんにちは。オガサワラです。AmazonKindleにて『【全点50%OFF】早川書房 SF 400点セール(4/10まで)』が開催中です。『虐殺器官』や『ハーモニー』『マルドゥック・スクランブル』『リライト』シリーズなども対象商品です。 50%OFFのセー…

『超巨大密室殺人事件』を読んだので所感など

こんにちは。オガサワラです。 ミステリー小説『超巨大密室殺人事件』を読んだので所感などを。

『夜は短し歩けよ乙女』がアニメ映画化するらしいので、原作の魅力を語る

おはようございます。オガサワラです。 『夜は短し歩けよ乙女』といえば森見登美彦さんの大ヒット作品です。 森見登美彦さんの作品は、僕はこの『夜は短し歩けよ乙女』をしか読んだことがないのですが、『夜は短し歩けよ乙女』だけでも彼の独特の文体と世界…

「ヒュレーの海」がとんでもないSF作品だった

こんばんは。オガサワラです。 「ヒュレーの海」は「最後にして最初のアイドル」という、とんでもないSF小説の関連書籍に表示されていて興味を持ち読んでみたのですが、これまたとんでもない作品でした。

みんなアイドルだよ!「最後にして最初のアイドル」がSF好きにおすすめしたいハードSF作品だった!

みんなアイドルだよ!

「リライト」からはじまる「リライブ」までの4部作

どうもogasawaraです。 リライト→リビジョン→リアクト→リライブと、 法条遥さんの「リ4部作」を読了しましたので、感想を綴ます。

読了後爽やかな気分になれるSF小説「マレ・サカチのたったひとつの贈物」

こんばんは。オガサワラです。 読了後爽やかな気分になれるSF小説「マレ・サカチのたったひとつの贈物」を読んだので感想とか書きます。

時をかける少女は生まれてから時をかけ続けている

どうもogasawaraです。 時をかける少女[新装版]を読んだので、読書メモとして記事を作成します。 ところで、映画化4回の他、テレビドラマ化、コミック化と異常な作品数を誇る「時をかける少女」ですが、僕は原作小説とアニメ版しか知りません。時をかける少…

映画版「2001年宇宙の旅」が意味不明だった人に全力でおすすめしたい小説版「2001年宇宙の旅」

どうも。オガサワラです。 古典SFの金字塔「2001年宇宙の旅」、映画は観たことがあったのですが、小説版は今回はじめて読みました。 映画版の方は難解で個人的に、意味わからん! と思っていたのですけど、小説版を読むと結果的に映画版の方の理解も深まり両…

「青春を山に賭けて」本物の冒険を知りたいのなら読むべき本

どうもogasawaraです。「青春を何かに賭ける」僕はそんな風に考えたことがありません。こういう表現が出来る人間は、"自らの青春を何かに対して投げ打っている”という意識が自分の中にある訳ですから、己に厳しいストイックな人格の持ち主なのでしょう。植村…

「(あるいは)SFのある風景」に可能性を感じた話

今回は、読書メモとして「(あるいは)SFのある風景」という本のことを綴っておこうと思います。最近は読んだ本のことを片っ端から忘れていくので「これは…?」と危機感を感じています。読書メモをつけると記憶の定着も良くなるみたいなので、僕と同じ危機感を…

筒井康隆さんの『家族八景』で描かれる人間の内面がどろどろしていて怖い

どうも。オガサワラです。なんだかやる気が出ない日々を過ごしています。この状態を改善する為に、この秋マインドフルネスを初めてみようかなと考え中です。肩の力を抜いて生きていきたいものですね。人間とは本当に難しい…、今回はそんな人間の正体の様なも…

真・女神転生に出てくるサイコダイバーという言葉に中二心をくすぐられ元ネタである魔獣狩りを読んでみた

僕の好きなゲームの一つに真・女神転生というゲームがあります。 このゲーム中にサイコダイバーが登場するのですが、元ネタがあるらしいということで調べてみると、夢枕獏のサイコダイバー・シリーズがどうやら元になっているようなので読んでみました。 こ…